日本人がインドネシアで働いた場合、給料はどのくらいもらえるのでしょうか。職種によって異なり、それぞれの平均給与はだいたい、次のようになっています。

 

営業系US$2000〜US$3000、技術者US$2000〜US$3000、管理部門US$3000〜US$5000、事務系US$2000〜US$3000。

 

また、給与以外では、0〜6ヶ月のボーナスがありますが、会社の業種や規模や業績によってその額は異なってきます。さらに諸手当として、平均的な給与の場合は企業側で住宅手当を負担する場合が多いです。また、食事手当としてRp15000/day程度、交通手当としてRp20000/day程度、通勤手当は会社が送迎を手配してくれる場合が多く、雇用保険も企業側で手続きをします。所得税は源泉徴収で、外国人の個人所得税は、グロス所得の20%となっています。

 

インドネシアで採用された場合、日本人は、現地の人たちと比べて高い給料を得る場合が多いです。それは、日本語力と日本のビジネスマナーがインドネシアで高く評価されていることが理由にあります。インドネシアの物価は、最近上がっているものの、日本の2分の1から4分の1程度です。ですから、金銭的には日本で働くよりも楽だと感じる現地採用の人たちも多いようです。

 

日本の企業文化を積極的に取り入れようとしているインドネシアで、自分の力を試してみるのも一つの方法かもしれません。興味のある方は、参考にしてみてください。

 

インドネシアの求人情報まとめ
インドネシアで生活することを前提とした日本人向けの働き方を整理したサイトです。これから国外で働く方のために、またインドネシアの将来を担う人材になるために参考にしたいサイトです。

  • 2016/10/10 13:00:10