北京はひたすら広いです。

 

近いと思っていても、歩くと結構時間がかかってまるで蜃気楼のようです。一昔前は自転車をこぐ大量の市民の映像がテレビに流れていましたが、自転車は必需品だったと思います。

 

今では自転車より車が主流になっています。これだけ広い国だと車が重宝されるのがよく分かります。

 

物価は日本に比べるとはるかに安いです。商業地やデパートに行くと観光客用価格で日本とそう変わらないこともありますが、スーパーや市場はとにかく安いです。日本では野菜や果物は高く大量に買えませんが、北京では安いので気軽に購入できます。

 

交通は電車もバスもあります。電車は地下鉄です。どちらにしても移動に不便はありません。特にバスは行き先に合わせていろんな路線がありますので便利ですが、乗り慣れないうちは行き先や乗り継ぎに迷うことがあるかもしれません。電車、バスでも行きにくい場所は日本と違ってタクシーが安いので交通手段の1つとして有効です。但し悪いタクシーに乗ってしまうと、遠回りされタクシー代が高くなるときがあります。ある程度地図は把握しておいた方が安心です。

 

どんどん発達しているものの、繁華街とそうでない場所の格差は大きいです。1つ道が違うと全然雰囲気の違う治安の悪いところもあります。女性は一人歩きや夜遅く出かけたりタクシーに乗るのは控えたほうが無難です。

  • 2016/10/10 12:59:10